So-net無料ブログ作成
検索選択

富沢祥也選手のご冥福をお祈りします。

ニュースや、他の方のブログでもかなり扱われていますので、
もう御存知の方が多いと思いますが、
バイクのロードレース世界選手権、Moto2クラスに参戦していた、
富沢祥也選手がサンマリノGP中の事故で亡くなりました…。

この日は、夜、友人達と飲みに出ていて、
午前0時過ぎに帰宅。
G+の放送は終わっているので、日テレ地上波で見ようと思っていました。
で、うちの人と家でさらに飲んだりしてて、
自分がトイレに行って戻って来たら、
うちの人が泣きそうな顔で、
「富沢、死んだって…」
…と。
「転倒して、変な風に首が曲がってた…」
…と。

正直、うちの人はバイクのレースはそんなに詳しくなく、
レース観戦ももてぎの日本GPを3回観に行っただけ。
ライダーの名前もあまり覚えてなくて、
ヴァレンティーノ・ロッシ選手が大好き…って程度。
そんなうちの人でも、
富沢祥也っていう名前は覚えていたようで、
(Moto2クラスで頑張っているのを自分が話してたからかと…)
たまに見るテレビ観戦での明るいキャラに、
ロッシと同じような好感を持っていたようです。

トイレから戻ってそんな話を聞かされて、
正直、すぐには状況が飲み込めなかったんですが、
自分がロードレースを観るようになってから、
日本人ライダーがレース中に亡くなったのはこれで3人目。
 ●93年の若井伸之選手 スペインGPのピットロードで…
 ●03年の加藤大治郎選手 日本GP鈴鹿130Rで…
(この他にも、83年のフランスGPでも石川岩男選手が亡くなっているようです)
変な話、なんでピンポイントで、
まさに花咲かんとしている日本人の有力ライダーが…と思わずにはいられません。
富沢選手はまだ19歳。
今年から始まったMoto2の開幕戦でいきなり優勝し、
その後、不運な転倒が何度かあって、
今年のチャンピオン争いからは後退してしまっていたけど、
今年は無理でも、近い将来、日本人チャンピオンに最も近い、
一番輝いているライダーでした。
もしかしたら、神様にとって眩し過ぎたのかもしれません…。



ところで、
この事故の要因はいくつかあると思いますが、
その中で一番の要素は、
Moto2クラスのレギュレーションかと。

全車同じホンダの600ccエンジンにダンロップ製のタイヤで、
大きな違いは車体と足回り…という、
マシンによる差が出にくいレギュレーションは、
レースの醍醐味である接近戦による抜きつ抜かれつの展開になりやすくなるのと、
また、参戦コストが下がることによって参加台数の増加を期待したものです。
そして、期待通り、
今年始まったMoto2は、
40台オーバーがせめぎ合う圧巻のレース展開で、
誰が優勝するのか毎レース分からない状況が続いています。
(結果的に、トニ・エリアス選手が頭ひとつ抜けていますが…)
そういう意味では、狙い通りにいい結果が出たと言えるでしょう。

ただし、
その反面、性能差があまりないマシンのせめぎ合いは、
ひとつでも順位を上げたいライダーに無理をさせ、
転倒のリスクが高まる要因になっているように思います。
また、台数が多い混戦状態になるせいで、
誰かが転倒した場合に、周辺を巻き込んだ多重クラッシュになりがちです。
今回は、それが最悪な状況になってしまった…と言えます。

富沢選手が転んだところは、
スピードが乗ったまま曲がる高速コーナー。
路面状況のせいか、縁石を踏んだからか、
ハイサイド状態になってマシンから放り出されたところに、
後続のライダーが突っ込んでしまっています。
(止まりようもないし、回避しようもない状況ですが…)
昔のマシンと違って、
タイヤのグリップ性能が上がって強大なパワーを受け止めるてくれるようになった結果、
スリップダウンで転倒するケースが減って、
ハイサイドで転倒するケースが増えています。
ライダーが大怪我をするリスクは、
マシンから放り出されて路面に叩き付けられてしまうハイサイドの方が圧倒的に高いのですが、
これを回避する有効な技術的な手立ては今のところありません。
(故に、ロッシですら大怪我した訳で…)

とりあえず、そういった現状を考慮して、
今後、レース主催者には、
 ●Moto2の出走台数を制限するか、2レースに分ける
 ●サーキットの路面状況等、安全環境をより高める
 ●マシンのパワーを抑える(これはあまりして欲しくないし、それほど効果はないと思います)
…といった何らかの対応を期待したいところです。



今はまだショックで悲しいし、困惑もしていますが、
富沢選手のご冥福をお祈りしたいと思います。



P.S.1
レース後の勝利者インタビューで、
ダニ・ペドロサ選手が、
2人のライダーが亡くなった…って言っていたように思いますが、
もう1人は誰なんでしょう?

P.S.2
にったんさん
この記事を読んでもらえるかわかりませんが、
自分達ファンは、こういう事態も心に刻んで、
それでも前を向いて行かないといけないんだと思います。
(じゃないと、極論、レース自体が廃止されかねないし…)
すぐには気持ちが落ち着かないと思うけど、
また元気な楽しい記事をアップしてくださいね。
そして、もてぎでは富沢選手のためにも、
レースに参戦している他の選手の為にも、
思い切りレース観戦してくださいね。
nice!(10)  コメント(12)  トラックバック(0) 

nice! 10

コメント 12

TT

先回のUSGPで13歳のライダーが転倒、後続に轢かれて死亡している。その事を指してます。
by TT (2010-09-06 17:53) 

のらねこ

kashimiさん
nice!ありがとうございます。

TTさん
コメントありがとうございます。
http://jp.autoblog.com/2010/09/01/13-year-old-motorcycle-racer-killed/
このことだったんですね。
インディアナポリスGPも地上波でしか観てなくて知りませんでした。
ピーター・レンツ選手のご冥福もお祈りしたいと思います。
by のらねこ (2010-09-06 19:11) 

HIRO

こんにちは。
自分も仕事の都合で、今朝録画を観るまで知りませんでした。
単独のハイサイドであれば、又状況は変わっていたのかもしれませんが、接近戦のレース中では避けられる訳も無く…

悲しい事ですが、同じ事が起きない様に状況が変わって行く事を望みます。
by HIRO (2010-09-06 21:49) 

kobaban

悲しいです。悲しすぎます。
by kobaban (2010-09-06 22:02) 

かみさま

本当に残念でなりません(((^_^;)

結局、レースなんでギリギリで危険なのは仕方ないですが
参加台数は少し減らしたいような気がします。
せめて昔のフルグリッド32台くらいにしたいですよね。


にったんさんのように会った事があるライダーが無くなると悲しいですよね。

僕は筑波で大ちゃんと一緒だから解りますが…
暫くは厳しいもんですね(((^_^;)

by かみさま (2010-09-06 22:20) 

まえまえ

本当に残念なニュースです

by まえまえ (2010-09-07 00:15) 

のらねこ

dorobouhigeさん
nice!ありがとうございます。

hetianさん
nice!ありがとうございます。

xml_xslさん
nice!ありがとうございます。
by のらねこ (2010-09-07 21:12) 

のらねこ

HIROさん
コメントありがとうございます。
同じ事が起きない、少なくとも起きにくくなるように、
対策をして、今回の事故の経験を活かして欲しいですね。

kobabanさん
コメントありがとうございます。
ほんと、悲しいです。
もてぎで観戦するの楽しみだったのに…。

かみさまさん
コメントありがとうございます。
台数はほんと、32台くらいがちょうどいいかもしれませんね。
さすがに、MotoGPクラスみたいに20台もいないと寂しいけど、
多ければいいってもんでもないですしね。
とにかく、この事故を乗り越えて、
これからもレースを、バイクを楽しみたいです。

まえまえさん
コメントありがとうございます。
たら・れば…じゃないですが、
富沢選手が生きていたら、
数年後にどんな凄い活躍してたかと思うと、
本当に残念です…。

by のらねこ (2010-09-07 21:25) 

にったん

のらねこさん、ご心配かけてすみません!
そして有り難う御座いました☆

Moto2レースに関して
のらねこさんも私と似たような考えだったんですね。
同じ様な感想を持っていらっしゃる方はきっと多いかもしれませんね。

我が家は電波の影響で強制的にケーブル環境の為
運良く?^^;G+が見れるんですが
Moto2は他のクラスに比べて予選も大変そうです。
出場台数に対して予選時間が短いので
クリアラップがなかなか取れないんです。
選手は必要以上に疲労している印象でした。

Moto2クラスは来期に向けて良い方向に改善して欲しいと願います。
(全体的には、海外のコース改修も進んだら・・・・と思います。)

私も前向きにレースを楽しみたいと思います。
やっぱりバイクは大好きだから
ツーや観戦は簡単に止められませんし☆^^
by にったん (2010-09-09 18:38) 

のらねこ

XXAR2さん
nice!ありがとうございます。

月光14thさん
nice!ありがとうございます。

にったんさん
nice!ありがとうございます。
富沢選手のことは、
自分達ファンは胸に刻んで、
レース関係者は教訓にして、
みんなが前を向いていくのが、
富沢選手のためでもあると思うんですよね。
元気出して、がんばって行きましょう!
by のらねこ (2010-09-09 23:01) 

bis

いまいきているということを大切にしなければいけないですね。
by bis (2010-09-23 12:16) 

のらねこ

ごんちゃんさん
nice!ありがとうございます。

いっち〜さん
nice!ありがとうございます。

bisさん
nice!ありがとうございます。
生きていることの大切さは、
こういうことがないとなかかな気付かされませんね。
bisさんも、早く怪我が良くなるといいですね。
by のらねこ (2010-10-01 00:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。